トップ 書道教室ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

書道教室ガイド書道の達人を目指す > 先生を目指す

先生を目指す

先生を目指すの画像

街の書道教室は多くの人にとって身近なものでしょう。ちょっとした街ならどこにでも書道教室があります。もともと勤勉で自分磨きや教養を身につけたり、技能を身につけることが好きだったり、子供にも身につけさせようと考える親の多い我が国では書道は、そうした選択肢のひとつです。

子供の頃の習い事といえば、学校の勉強のための塾の他にも、ピアノなどの音楽系、バレイやサッカーなどの体育系、そしてそろばんや書道などの基礎教養や基礎能力を伸ばすといえるようなものまで多様です。なかでも書道は、そろばんと並んで、多くの人が子供の頃に親しんだ経験があるものです。この人気は、今後も根強く残っていくでしょう。

さらに書道は、他の習い事に比べて、年齢を重ねてからでも、また始めようと思わせるものでもあります。もっと上手な字を書きたいと思うのは、いくつになっても万人に共通ですし、また書道を始めるには、楽器を始めるほどにはお金もかからないというメリットがあります。揃えなければならない道具も、初心者の間はどこででも手に入る安価な道具で十分です。そのようなことから書道はいつの時代も、そしておそらくは未来に亘っても、多くの愛好者を生みだしていくものと思われます。ですから、それを指導する先生の需要も未来に亘ってあり続けるということです。

書道教室の先生は、将来有望な職業のひとつとして数えられるでしょう。書道教室の先生として多くの生徒を集めるためには、ある種の権威付けが必要です。単純に書道教室を開いてもすぐに生徒が集まるというわけではありません。実際に書道の先生としての技能を持っていることはもちろんですが、そのことを客観的に示す材料も必要です。その材料の最も有効なものが、書道会のような団体の段位であり、師範としての認定書でしょう。

それがあれば、公的に自分の技能を示すことができます。それを材料に多くの生徒も集めることができるでしょう。書道の先生は年齢に関わらずできる仕事ですし、多くの人を育てることができるやりがいのある仕事です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


書道教室ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 硯

墨と硯は対の道具として書道ではなくてはならないものです。硯もまさにピンからキリまで様々なものが販売されています。初心者のときから、高級な硯が必要だというわけではありませんが、硯がしっかりしたものでないと、いくら上等の墨を用意してもきちんと墨をすることができません。 良い硯の条件は大きくは3つのことが挙げられます。第一に当たり前のことですが、墨が良く磨れることです。硯はその素材や表面の状態によって墨の磨れ具合が変化していきます。よく墨が磨れることこそ、良い硯の第一条件です。

書道教室ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。