トップ 書道教室ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

書道教室ガイド書道の達人を目指す > 段位を取得

段位を取得

段位を取得の画像

書道を続けて、段位を取得したいと考えている方もいるかもしれません。通常、書道の段位は、日本にいくつかある書道の団体が認定します。したがって、公的なものではないのですが、それでも書道の段位は、誰でもおいそれと取得できるものではなく、努力の末に認められたものとして、きちんとした権威を持っています。

どのような書道会の段位がもらえるかは、指導する先生の所属する書道会にもよるでしょう。また自分が、はじめから、この書道会の段位を欲しいと考えて、その会に所属する先生に指導を受けるということも考えられます。いずれにしても書道において段位をとるということは、書道の基本を習得し、そのうえで、自分の書を目指すという、より高いステージに行くことを意味します。

段位をとり、より上級になればそれ相応の資格が身につくのと同じような効果が期待できます。例えば、履歴書の特技欄に書道○段と書くこともできるでしょうし、何よりも履歴書の字が非常に美しくかけることでしょう。先にも述べたとおり、字の印象はその人の人格までも相手に感じさせてしまいますから、字が上手で書道の段位を持っているというのはとても大きな個人的な武器になるでしょう。

書道会によっては、段位を取得することで、指導者の資格を与えてくれるところもあるようです。逆に段位を取得しなければ、その書道会の指導者を名乗ることが許されない場合もあります。書道を習う方にとっては、その先生がどのような技術や技能を持っているのかは、書道教室を選ぶときの有力な判断基準のひとつですから、段位を取るということは、将来、書道教室を開くためにも非常に有益です。

段位を取得するには、先生から指導を受けながら、判定会に作品を提出していきます。書道会によって、判定の手法や判定基準は異なりますが、その辺りは、指導する先生に任せておけば大丈夫でしょう。指導する先生にとっても、自分の教室から段位を取得する生徒を輩出することは大きなプラスになります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


書道教室ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 筆

「弘法、筆を選ばず」とは、達人は道具に左右されないということの例えですが、実際にはその道に秀でた人ほど、道具に対しても繊細な感覚を持つようです。先のことわざは、自分に技能や技術がないのに、できが悪いことを道具のせいにするのを戒めた言葉といえるでしょう。中国では、明の時代に、書道の名人が良い筆の条件を四つの言葉で表しているそうです。曰く、「尖」「斉」「円」「健」、これらが筆の四徳として伝えられています。 まず、「尖」ですが、これは筆の穂先の尖っている部分をいいます。書を書くと

書道教室ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。