トップ 書道教室ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

書道教室ガイド書道の楽しさ > 字で印象が変わる

字で印象が変わる

字で印象が変わるの画像

自分が思慮深く、教養の深い人であるという印象を与えたいとき、最も有効な方法は、美しい文字で美しい文章を書くことではないでしょうか。実際、字の上手な人は、とても事務的能力に優れた優秀な人という印象を与えます。実際にそれが当たっているかどうかは別として、そのような印象を人に与えることは間違いありません。

特に相手が余り面識のない人である場合には、余計にそうだといえるでしょう。昔、履歴書を書くときに、パソコンを駆使して書くのがよいか、自筆で書くのがよいかということが、就職をしようとする学生が集うネット上でもよく話題のひとつとして取り上げられました。字が上手な人は、手書きで書くほうが気持ちも通じるといいます。

字が苦手な人は、パソコンのスキルがあることを見せるためにも手書きよりもパソコンで書くほうがよい、といいます。これは、実際にそうだというわけではないたとえ話ですが、字の印象が企業の採用担当に大きな印象を与えるということを誰もが自覚しているということを表しています。

このように字を書くということは、単に相手に情報を伝えるということ以上の意味を持っています。このことは、文字が26文字しかなく、早くからタイプライターで文字を書くことがポピュラーであった欧米の人、特にアメリカ人にはわかりそうでわからないような感覚ともいえるでしょう。

しかし多くの文字を使いこなし、かつ文字を書くことが古い時代から一般の多くの人にいきわたっていたわが国では文字の印象がその人をどう判断するかということに大きな影響を与え続けているといえるでしょう。結婚や葬儀には自筆で芳名録を書かねばならないことが多いでしょう。しかも筆のような書き味のペンで書かねばならないことが多いでしょう。そうすると文字の特徴があらわに出てしまいます。

そんな時、書道をやっていればよかったと思うのではないでしょうか?あなたがいくつであっても、遅すぎるということはありません。今夜からでも、書道を始めてみてはいかがでしょうか?



スポンサー広告

ネットショップ広告


書道教室ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 展覧会への出品

書道の書は造形芸術の一つでもあります。絵画や写真と同じような側面もあるということです。造形芸術として書を捉えた場合、当然のことながら、それを見る人が必要になります。したがって、書道の世界ではしばしば展覧会が開かれます。小さな子供からプロの書家まで、日本全国、あちらこちらで書の展覧会が開かれています。 街角の商店街や銀行などの身近なところで開かれる地元の小学生や中学生の書の展覧会もあれば、大きな会場や美術館で開かれる大規模な書の展示会もあります。書の展示会の人気は、絵画の展示

書道教室ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。